出演依頼

さまざまな催しごとに対応します

私たち「楽団四器」は、お呼びとあらば北は北極から南は南極までどこへでもお訪ねして演奏いたします。

楽団四器単独のライブやコンサートはもちろん、各種イベントやパーティーのアトラクション、ほかの舞台芸術などとのコラボレーションなど、さまざまなことに挑戦していきたいと思います。お気軽にご相談ください。簡単なデモ音源もご用意しております。

また、パフォーマンスに加え、ジャズやコントラバスに関するワークショップやクリニック、イベントなども意欲的に主催・共催できればと考えています。コントラバスに馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、いろんな可能性を持った魅力的な楽器です。実際に触れたり、一緒に演奏することでその魅力を共有できればとても嬉しく思います。

想定される質問と答え

特別な音響設備は必要ありますか

野外コンサートや、極端に吸音される部屋でないかぎり必要ありません。適度な広さの水平な床と空気さえあれば演奏が可能です。

ただし、極端な温度環境、極端な湿度変化、雨・雪・ひょう・あられや強風など荒天での野外、屋内であっても直射日光が当たる場所での演奏はできません。

演奏に必要な広さはどれくらいですか

幅4メートル、奥行き2メートルくらいを目安にお考えください。

出演料はどれくらいですか

演奏時間、交通費、企画の内容、新たな編曲の要否などさまざまですので、ご相談ください。

リクエストはできますか

ご希望の曲がありましたら、ジャンルを問わずどうぞご相談ください。なお、編曲に時間を要しますので、じゅうぶんな日程の余裕をもってお知らせください。

コントラバス四重奏という特性から、最低限の編曲が必要となります。ですから、すでにレパートリーとなっている曲目以外の急なリクエストにはお答えすることができません。

音楽著作権について

音楽著作権の申請手続きはそれほど難しくありません。もし不安がありましたら事前にご相談ください。

なお、メンバーのオリジナルのほか、日本で権利が消滅した作曲家の作品(ジョージ・ガーシュウィン、クルト・ワイル、ジェローム・カーン、チャーリー・パーカーや、コール・ポーターの一部)のみでプログラムを構成することも可能です。

広告